鍼灸治療

鍼灸担当の大原です。
私の鍼灸は古典的な脉診流(みゃくしんりゅう)経絡治療です。
経絡治療とは人体の隅々まで流れている気の過不足を調整して、
人が元々持っている生きる力(生命力)を高めることを目的としています。
気の過不足が解消されると、生命力が強化され、身体は元の元気な状態に
戻ります。
「気」を調整する治療法は運動器疾患だけでなく内臓疾患や精神疾患まで
幅広く効果を発揮できます。
年齢的にはゼロ歳から高齢の方までを対象とした治療法です。

まず、東洋医学の診察法(四診法)で診察をします。
これは患者さんの持っている症状を聞くことや皮膚(お腹や全身)の状態、
そして手首の脈を診ることで気の流れの異常を判断して治療法を決定して
いきます。
脈診
              ▲脈診

気の調整には数種類の鍼(はり)を使用しますが、施術は皮膚に触れる程度
の刺激なので痛みはありません。
補助的にお灸も施しますが、昔のように皮膚を焼きませんので火傷の痕もなく
とても気持ちの良い刺激です。
また、ゼロ歳から小学低学年くらいまでの身体が完全に出来上がっていない
お子様には小児鍼という先が丸いものを使用し、身体をさする方法ですので
小さなお子様も喜んで受けることができます。
刺さない鍼
         ▲ これらは”刺さない鍼”です

気持ちよく痛くない鍼、熱くなく心地よいお灸、
優しい鍼灸治療で慢性病、健康管理、病気の予防にぜひお試しください。
鍼灸は毎週火曜日の午後となっています。

by 大原健司(鍼灸担当)


1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

twitter

治療院Twitterアカウントです。
フォローはお気軽にどうぞ。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others