胎内記憶

11/12(日)に日本ホリスティック医学協会で胎内記憶を世界に広める活動をされている

池川クリニック院長の池川明先生をお招きして講演会を開きました。

人柄の良さが伝わってくる明るく楽しい話し方で参加者の心を温かくしてくれました。

胎内記憶については、自分が母親の胎内にいるとき、そして産まれてくるとき、さらには

母胎に宿る前(いわゆる前世?)の記憶までを含めた記憶と理解していいようです。

人は生まれた時点で、あるいは生まれてしばらくするとその記憶が消えてしまうのですが、

時々その記憶を生後しばらくは持ち続けている人がいるということです。

中にはいつまでも持ち続けている人もいるようです。

その記憶から生きる意味や世の中のしくみを知る(推測する)ことができる?

という壮大な話に繋がるのです。

 胎内記憶とは

心や魂には質量があり、魂とは情報のかたまりである。

私たちは人生でその情報を書き換え、死後あの世(宇宙?神?)に戻すために生まれてきた

のだと。

生まれてきていろいろな経験をすることが情報の書き換えになる・・・

などなど不思議な話でありながら聴いていると腑に落ちる感覚があるからまた不思議です。

 

ただひねくれ者の私はちょっと視点を変えたくなったりもするのです。

前世を含めた胎内記憶はほとんどの人は生まれてくると忘れてしまうのです。

その忘れること、記憶から消えてしまうことにもしかしたら大きな意味があるのではない

でしょうか。

つまり本当は記憶しておく必要などない、知らなくてもいいことなのでは?

とも考えることができます。

魂の存在や生きる意味・・・

生まれてきたいのちに潜在的に宿る神のメッセージは今の自分がこの世で生きていく過程で

自力で内なるものから気づかないといけないのでは? などと思ったりもするのです。

 

さて、どうなのしょうか・・・諸々含めて池川先生のお話はとても勉強になりました。

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します →  人気ブログランキングへ


10月最終日

10月も終わり今年も残すところあと2カ月となりました。

今朝一番でご来院されたのは当院で一番古い患者さんでした。

当院が開院(昭和63年6月)して数日後に頚肩腕症でご来院された主婦の方です。

それ以来不調を訴える部位は変わりますが調子が悪い時にご来院してくれます。

当院ができた時とそのご婦人夫婦がご自宅を購入した時が同じだそうで、今では

住宅ローンが終わってホッとしているとのことです(30年ローン?)。

そして私にこう言いました、

「あのとき私たちと一緒に買っていれば今頃はもう支払いは終わってるのよ」と。

まあ、たしかにそうですが・・・しかし時は確実に流れていますね。

 

午後には現在当院で最年長、90歳でひとり暮らしのご婦人が足腰のケアにご来院。

しかも来る途中で転倒し両膝を打撲・・・

骨折はないだろうかと足腰をチェックしたところとりあえず大丈夫でした。

足腰の循環をよくするように筋、神経を刺激しながらいろいろと近況を聞かせて

いただきました。

帰り際にも待合室で今思うことをたくさんお話しされてから帰られました。

思い通りにならないことや不安なこと、悲しいことなどは全部当院に置いて帰って

もらいました。

帰り道に転ばないかが気がかりでしたが、夕方に電話がありました。

「無事に自宅に帰りました、階段を九十段上りちょっときつかったですが・・」と。

え、階段?九十段?どこで?

少し遠回りをしてバスを使ったようですが駅の階段でしょうか・・・

でも、元気な声でよかったです。

 

さあ、明日から11月です。

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ


小さな「つ」

遠い昔、母と絵本で字を読む練習をしていた時、小さな「つ」が現れた。

すると母は「これは小さい声で読めばいいのよ」と教えてくれた。

たしかにそれで成立する。

その上手な教え方は今でも覚えている。

平仮名が読めなかった頃だから何歳頃の記憶なんだろう。

母はきっと憶えていないだろうな(笑)

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ


昔何ごとが?

自宅からすぐ近くの神社にはちょくちょく立ち寄りますが、掲示されているものには

あまり目を向けずに通り過ぎてしまいます。

 

今朝、ふと立ち止まって目を向けますと神社の由緒が書かれていました。

どれどれと読んでみたところ・・・うん?

 

正中二年(一三二五)五月二十五日夜、当地申酉の方より光物現れ、しきりに震動?

夜に至るも四辺昼の如く明く、光物は遂に当地の山中に鎮り、昼夜電光乱れ飛び、

人々近づくことが出来なかった・・・と。

 

いったいこの地で何があった?

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ


ゲームの場合

なんか、うまくいかないなぁ・・・ていうのがいいのでは?

 

まったく失敗もせずに簡単にクリアできてしまうゲームは流行りません。

難しくてなかなかクリアできない中で一生懸命に挑戦し続けてやっとクリアして

また次のレベルで同じような苦労を繰り返す。

流行るゲーム、人が求めているゲームはそういうものだと思います。

そのゲームが難しいほど人はその魅力にハマるようです。

自分に実力がついて難なくクリアできるようになってしまうともっと難しい次の

新しいゲームを探して挑戦するわけです。

簡単にはうまくいかないけど何度も失敗しながら挑戦を続けてやっとクリアする。

これは難しい・・もう永遠にクリアできないのでは?と思いながらも頭をひねり

ひたすらチャレンジを続ける。

続けていればいつか必ずクリアできるというわけではなくできないことも・・・

それでもクリアすることを目指してやり続けている人は、イライラしながらでも

それなりに楽しいからやっているのでしょう。

逆にまったく失敗もせず難なくクリアできてしまうゲームをひたすらやり続ける

というのもちょっと・・・

 

人生も?

いや、これはあくまでもゲームの話です。

それぞれに人それぞれです。

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ


暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。

早いものでもう8月に突入してしまいました。

この辺りの梅雨は空梅雨でしたが、梅雨明けしてからもカラッとするわけでもなく

その後も湿気の多い暑さが続き季節のメリハリが感じられません。

そんな中、6〜7月の期間に当院ではツバメの巣立ちを2回見守ることができました。

6月後半からやってきたツバメ、卵を産み雛が生まれてスクスクと育ち巣立ったかと

思いきや、すぐに次のツバメがやってきて巣をプチリフォームしてから雛を産み育て

先日無事に巣立っていきました。

今年も来てくれただけで嬉しいものですがアンコールにまで応えてくれたわけです。

 ツバメたち

命が生まれ、羽ばたくまでの時間の流れはチョット特別なものを感じます。

毎日遠くから成長する姿を眺めるのですが、あ、今日巣立ってしまうなというのは

長年の経験でわかるようになりました。

なにしろ巣立つ日は朝から異常に騒がしく巣の周辺を飛び回るのです。

そうするとその日のうちにいなくなり急に静かになってしまいます。

私からは特に何もしてあげられませんが、

「がんばって生きろよ!」という気持ちだけは伝えるようにしています。

 

ということで、まだまだ暑い日が続きますが、

体調管理に気をつけながら「がんばって生きましょう!」

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ


フラ印のポテトチップス

時々食べることがあるポテトチップスですが、一応こだわっています。

元祖ポテチ

これを扱っているお店は少ないようですが、自宅すぐ近くのスーパーで購入できます。

他ではあまり見たことはありません。

何も知らずにただ美味しいからという理由でいつもこれにしていたのですが、実はこれ

日本で最初につくられたポテトチップスだそうです。

今では日本のさまざまなメーカーが製造販売している誰もが口にするスナック菓子・・・

その始まりはこのフラ印のポテトチップスだったのです。

意外にさっぱりしていてシンプルで美味しいです。

どんなものにでも始まりがあり、道を切り開いた人がいる・・・

私は歴史を感じながらこれでコーラを飲んで寛ぐのです。

 

---港北治療院---   1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

twitter

治療院Twitterアカウントです。
フォローはお気軽にどうぞ。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others