第9回みんなが繋がるホリスティック医療2

午後からは講演もあります。

始めに私が当会の活動趣旨を含めてホリスティック医療について簡単(?)に話をさせて

いただきました。

 

  ▲私は毎回ほぼ同じ話を地道に継続・・・

そして、メイン講演は「みたに内科クリニック」院長の三谷秀樹先生の登場です。

三谷先生には何度もこの場を担当していただいていますが毎回膨大な量のスライドを準備

してくれます。

今回は「人生100年時代」をテーマにたくさんの健康情報を紹介しながら医師の立場(?)

として話をしていただきました。

 

  ▲三谷先生による人生100年時代の生き方論

人生100年時代といえども健康に100年生きることが望ましいわけで、ではその健康とは

どういうことなんでしょうか?

それぞれがイメージするそれぞれの健康を大事にしながら長生きできると幸せですね。

 

世の中には多くの健康情報に溢れています。

人それぞれで合う合わないもあるでしょうから実践してみないとわかりません。

自分に合っているものには、これだ!という直感が働くこともあるでしょう。

そして体も心も変化していくものですからそれに合わせてライフスタイルも変えていく、

変わってしまうということはあります。

すべてを受け入れながら潔く生きていくことも大事かもしれませんね。

 まとめ

  ▲これで健康に!(ちなみに三谷先生はポケモンGOの達人です)

今回はご高齢の方々も参加され、ホリスティックなんていうカタカナ語などどうでもよく

ただこの場を体験して帰っていかれた人もいます。

こういうのも世間にはあるんだな・・と感じていただくだけでも意味があり、またどこか

で繋がる場面がくるかもしれません。

そして、このイベントはスタッフ間での交流も大事なのです。

普段西洋医学で心を扱う心療内科の医師が自然療法で心を扱うバッチプラクティショナー

のカウンセリングを受けたり、手技療法を専門とする私が足圧療法の施術を受けたり・・・

各セラピストも他のセラピーを体験してそこから学ぶものもあるわけです。

 有難うございます

  ▲ご参加いただいた皆様、有難うございました(スタッフ一同行儀良く)

参加してくださる一般の方々、運営する側のスタッフメンバー、みんなが繋がることで

このイベントは成り立っているのだと思います。

健康な一日を有難うございました。

 打ち上げ

  ▲そして、健康な一日の続きは場を変えて・・・

今回も開催でき無事に終了できたことに心より感謝しております。

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ


第9回みんなが繋がるホリスティック医療

11月19日(日)にホリスティック医療研究会主催でイベントを開催しました。

 

このイベントは今年で9回目となります。  

港北、都筑区を中心にホリスティックなネットワークづくりをしている医師やセラピスト、

その他健康関連の各専門家による情報発信の場として長年続けています。

各種セラピーの体験、健康相談、そして講演がプログラムされています。

バッチフラワーレメディ、アロマセラピー、植物美容ハンドケア、足の健康チェック、

足圧循環療法、食事栄養相談、骨密度測定が設置されています。

 

毎回このイベントは準備からセラピー体験、相談コーナーと女性メンバーが中心となって

動いて盛り上げてくれて有難い限りです。

 

定期的に顔を合わせるメンバー、毎年このイベントの時に参加してくれるメンバーたちが

いますが、1年ぶりの顔合わせでもそんなに久しぶりという気がしないのが不思議です。

 

参加される方は近隣にお住いの方、遠方より電車で来られる方もいらっしゃいます。

その方々が少しでも元気のエネルギーを持ち帰って今後の健康に役立てていただければ

それが私たちの活動エネルギーになるのです。

 

決して派手ではなくどちらかというと地味で小さなイベントではありますが継続できて

いることにスタッフメンバーは自信を持っていただきたいと思います。

 

午後からの講演タイムに続く・・・

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ


第8回みんなが繋がるホリスティック医療3

午後から講演の時間ということで、まず私(石橋)がいつものように当会活動の趣旨を

30分ばかり話させていただきました。

ホリスティックとは、繋がりの医療とは・・・

毎年ほぼ同じ話をさせていただいていますが、やはり繰り返し繰り返し続けることです。

講演スタート

そして、最初にこの会を起ち上げた時の意義や内容が失われたり忘れられたりして、形

ばかりのものにならないように、自分自身にも言い聞かせるのです。

初心

やはり身近であたり前にならないとホリスティック医療、繋がりの医療ではありません。

ストレッチ

  ▲途中に簡単なストレッチを(手かざしではありません)

そして、メイン講演! すみれが丘そよかぜクリニック院長の有馬潤一先生の登場です。

心療内科医の視点で「心の健康」をテーマに、心療内科とは? 薬とは? クリニック

の理念、方針なども含めて丁寧に説明していただきました。

有馬先生は当会が始まった当初からのメンバーで、カウンセリングルームをやっていた

時期もあり、出会った頃からフリーの医師といいますか、さすらいの心療内科医という

ニックネームがつくぐらいにあちらこちらで仕事をしていましたが、縁あってようやく

今のそよかぜクリニックに落ちついたという経緯があります。

私も10年以上の付き合いになりますが改めて心療内科医としての話を聞かせていただき

とても勉強になりました。

有馬先生

     ▲有馬潤一先生の登場・もうさすらいません?

そよかぜクリニックは保険診療ですが、中には保険診療だけでは解決できない症例もあり

その場合には隣接されている自由診療(保険外)のひだまりクリニックと連携できるよう

になっています。

両クリニックを運営している山本記念病院(山本記念会)の理事長、ひだまりクリニック

の院長でもある山本百合子先生もこの日は朝から参加して脈診を使ってのよろず健康相談、

そして講演にも登場して専門の皮膚科の視点を絡めながら人間を丁寧に診ることの大切さ

を話してくれました。

百合子先生

     ▲山本百合子先生登場・優しい喋りです

という感じで、今年もみんなで繋がりのイベントを開催できたことを嬉しく思います。

いくら素晴らしい理念を語っても、それを行動(活動)として起こさなければあまり意味

はありません。

 

ホリスティック医療とは?

それはホリスティック医療を目指すこと、

それこそがホリスティック医療なのではないでしょうか。

 

この日、この場に集まり繋がってくれた皆様に感謝です。

懇親会 懇親会です

  ▲イベント終了後メンバーたちとの懇親会! お疲れさまでした。

これからもホリスティック医療研究会をよろしくお願い致します。

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します→ 人気ブログランキングへ


第8回みんなが繋がるホリスティック医療2

今回私たちホリスティック医療研究会のメンバーたちが、参加された皆さまに温かい元気

な場を提供いたします!(という意気込みです)

アロマです

  ▲来場者をアロマの香でお出迎え(メンバーからのオモテナシ)

まずは皆さん自分の骨が気になるのか、とりあえず骨密度測定からという人が多いです。

毎度の「みたに内科クリニック」からの提供です。

骨密度 あなたの骨は?

  ▲やはり気になる?骨密度       ▲医師、看護師の説明がつきます

植物のエネルギーを使って心にアプローチするバッチ療法、植物オイルを美容に活かした

ハンドケアも人気があります。

バッチ療法 植物美容

  ▲バッチフラワーレメディ       ▲植物美容体験

すみれが丘ひだまりクリニックからは植物美容、東洋医学的体質チェック、絵画造形療法

の提供がありました。

体質チェック! 生薬です

   ▲専門の薬剤師による体質チェック、漢方アドバイス

昨年好評だったアントロポゾフィー医学の絵画造形療法は今年も絵、色などの表現から

「気づき」へと導いてくれました。

そして、今回初参加の足圧循環療法は全身の血液、リンパの流れをよくしてくれる斬新

な療法で足による施術ですが見た目より優しい心地よい刺激です。

訪問看護ステーション・介護事業の「ケア工房・真謝」からの提供で、今後介護現場で

の活用も期待できるとのことです。

足圧です 絵画療法

  ▲足圧は意外と優しい刺激です       ▲絵画造形療法

毎度お馴染みの足と靴の健康チェックはケアルームbonbon Naturaからの提供です。

管理栄養士の食事栄養相談は常連さんが楽しみにしているコーナーでもあります。

足と靴のチェック 食事栄養相談

  ▲足も靴も健康にしましょう     ▲食事があなたの体をつくる!

普段あまり馴染みのないセラピーなども当イベントで体験することでその良さを実感

していただき、まずは知っていただくことが大事かなと思いっています。

そして午後からは参加しなくちゃもったいない講演もあります。 〜3につづく

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ


第8回みんなが繋がるホリスティック医療

今年で8回目となる繋がりのイベント、11月6日(日)はとてもいい天気でした。

 手作り看板

毎回朝から会場準備をしてくれる女性陣にはホントに感謝です。

手作り看板、テーブルのセッティング、張り紙などなど・・・

 受付嬢

各種セラピーの体験、健康相談など、いつものように配置して皆さんのご来場を

待ちます。

セラピー体験コーナー

健康よろず相談では医師、看護師、薬剤師、管理栄養士が待機しております。

医師、看護師がお待ちしてます

ワークショップコーナーでは各種セラピストたちが温かい施術で来場された方々

の心身を緩めてくれます。

みんなで体験

午後には心療内科医師による心の健康についての講演もあります。

参加しなくちゃもったいない、という構成でイベントがスタートです!

〜 2につづく

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します→ 人気ブログランキングへ


1週間後です!

ホリスティック医療研究会主催の第8回みんなが繋がるホリスティック医療の開催

まであと1週間となりました。

今回は昔からのメンバーである有馬潤一先生(すみれが丘そよかぜクリニック院長)

に心療内科医の目線から心の健康について話をしていただきます。

心療内科とはどのような人を診て、どのような治療をするのか、その必要性などが

わかると思います。

健康、病は体だけのものではなく私たちは体だけで生きているわけではありません。

それは誰もがわかっていることだと思います。

ただ、体以外へのアプローチがあまり知られていないという現状があります。

当イベントは心と体、人間まるごとの健康を視野に入れて活動している仲間たちが

集まり、元気に生きるための多くのヒントをプレゼントさせていただきます。

11/6(日)、午前11時スタート!どなたでも自由に参加でき、出入りも自由です。

医師、セラピストなど、医療、健康関連の専門家たちが皆様をお待ちしております。

 

---港北治療院---      1日1回の応援クリックお願い致します → 人気ブログランキングへ

 


スペシャル対談

昨日(7/31)、来年で30周年を迎える日本ホリスティック医学協会の特別企画と

して名誉会長である帯津良一先生と名誉顧問である上野圭一先生のお二人を壇上に

にお招きし、改めてホリスティック医学を学び、未来に向けての声を聴かせていた

だきました。

プレイベントです

上野先生が翻訳した「人はなぜ治るのか」(アンドリュー・ワイル著)という本

が協会設立のきっかけとなり、当時から東西融合医学を推進していた帯津先生が

ホリスティック医学の象徴的な存在となり現在まで協会を牽引してくれています。

意外にも今まで両巨匠に並んでいただく機会は少なかったので今回はとても貴重

な場となりました。

協会のレジェンド

私は長年、協会の役員をさせていただいているのですが、この日久しぶりに顔を

合わせた役員の先生たちといろいろな話もでき、とても楽しかったです。

ずいぶん昔ですが初めてホリスティック医学の名のもとに意欲ある医療者たちが

集まる場に飛び込んだ時の雰囲気、風を感じることができました。

 

80歳になられた帯津先生が言っておられました。

「今、地球の自然治癒力が落ちているからまだまだやらなきゃいけないことがある」

という言葉に人間の大きさを感じました。

日本に限らず世の中に起こっている出来事、そこまで見据えた「いのちの医学」が

ホリスティック医学なんだ、と背筋が伸びた瞬間でした。

明日からのエネルギーをいただきました。

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します→ 人気ブログランキングへ

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

twitter

治療院Twitterアカウントです。
フォローはお気軽にどうぞ。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others