第8回みんなが繋がるホリスティック医療3

午後から講演の時間ということで、まず私(石橋)がいつものように当会活動の趣旨を

30分ばかり話させていただきました。

ホリスティックとは、繋がりの医療とは・・・

毎年ほぼ同じ話をさせていただいていますが、やはり繰り返し繰り返し続けることです。

講演スタート

そして、最初にこの会を起ち上げた時の意義や内容が失われたり忘れられたりして、形

ばかりのものにならないように、自分自身にも言い聞かせるのです。

初心

やはり身近であたり前にならないとホリスティック医療、繋がりの医療ではありません。

ストレッチ

  ▲途中に簡単なストレッチを(手かざしではありません)

そして、メイン講演! すみれが丘そよかぜクリニック院長の有馬潤一先生の登場です。

心療内科医の視点で「心の健康」をテーマに、心療内科とは? 薬とは? クリニック

の理念、方針なども含めて丁寧に説明していただきました。

有馬先生は当会が始まった当初からのメンバーで、カウンセリングルームをやっていた

時期もあり、出会った頃からフリーの医師といいますか、さすらいの心療内科医という

ニックネームがつくぐらいにあちらこちらで仕事をしていましたが、縁あってようやく

今のそよかぜクリニックに落ちついたという経緯があります。

私も10年以上の付き合いになりますが改めて心療内科医としての話を聞かせていただき

とても勉強になりました。

有馬先生

     ▲有馬潤一先生の登場・もうさすらいません?

そよかぜクリニックは保険診療ですが、中には保険診療だけでは解決できない症例もあり

その場合には隣接されている自由診療(保険外)のひだまりクリニックと連携できるよう

になっています。

両クリニックを運営している山本記念病院(山本記念会)の理事長、ひだまりクリニック

の院長でもある山本百合子先生もこの日は朝から参加して脈診を使ってのよろず健康相談、

そして講演にも登場して専門の皮膚科の視点を絡めながら人間を丁寧に診ることの大切さ

を話してくれました。

百合子先生

     ▲山本百合子先生登場・優しい喋りです

という感じで、今年もみんなで繋がりのイベントを開催できたことを嬉しく思います。

いくら素晴らしい理念を語っても、それを行動(活動)として起こさなければあまり意味

はありません。

 

ホリスティック医療とは?

それはホリスティック医療を目指すこと、

それこそがホリスティック医療なのではないでしょうか。

 

この日、この場に集まり繋がってくれた皆様に感謝です。

懇親会 懇親会です

  ▲イベント終了後メンバーたちとの懇親会! お疲れさまでした。

これからもホリスティック医療研究会をよろしくお願い致します。

 

---港北治療院---  1日1回の応援クリックお願い致します→ 人気ブログランキングへ



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

twitter

治療院Twitterアカウントです。
フォローはお気軽にどうぞ。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others